2010年03月18日

<社債>トラブル相談相次ぐ 総額14億円解約などに応じず(毎日新聞)

 社債のトラブル相談が相次いでいるとして、国民生活センターは17日、業者名を公表したうえで、「アフリカントラスト」「アフリカンパートナー」名義の社債を購入しないよう注意を呼び掛けた。相談者1人あたりの購入平均額は470万円で総額は14億円を超え、解約や返金などに応じていないという。

 業者は「ワールド・リソースコミュニケーション」(東京都港区)=旧社名アフリカントラスト(09年11月ワ社へ社名変更)▽アフリカンパートナー(09年11月ワ社に合併解散)。全国の消費生活センターには08年12月〜10年2月末に計546件の相談があり、「アフリカンパートナーを名乗る勧誘を受け、金融機関に連れて行かれ900万円の社債を購入した。契約を取り消し返金してほしい」(09年12月、静岡県の50代女性)「電話で何度も『もうかる』と勧誘を受け、社債を数百万円購入した。解約を通知したが返金されず『撤回しろ』『消費者センターへの相談を取り下げろ』と匿名の電話が掛かってくる」(09年12月、東京都の80代女性)といった内容だという。センターは「解散後にも旧社名の社債が発行され、元本保証をうたうなど倒産リスクもきちんと説明していない」などと指摘している。【藤田祐子】

【関連ニュース】
食の安全事件:78%増、産地偽装表示の摘発34件
折りたたみ自転車:5製品でハンドル抜ける欠陥
シジミ偽装:ロシア産を「宍道湖産」福岡の業者
折りたたみ自転車:5製品でハンドル抜ける欠陥
ベビーカー:海外ブランド人気で多様化、どう選ぶ?

<将棋>羽生王将が久保棋王降す 王将戦七番勝負第5局(毎日新聞)
<訃報>東田敏男さん77歳=元鉄建建設専務(毎日新聞)
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)
在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」(医療介護CBニュース)
<普天間移設>与勝沖に人工島案 政府内で検討(毎日新聞)
posted by イワセ ヤスオ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。