2010年01月28日

珍し過ぎて食べられぬ…兵庫・香住漁港に「リュウグウノツカイ」(産経新聞)

 香住漁港(兵庫県香美町)で27日早朝、深海魚「リュウグウノツカイ」2匹が水揚げされ、地元の漁業関係者は珍しい魚の姿に驚いた。

 2匹は体長は約4メートル。体が平たく細長いのが特徴で、最大で体長10メートルにもなる硬骨魚類では世界最長という。沖合約1キロの定置網にかかっていた。

 外洋に生息し、めったに姿を見せることがないだけに、セリでの購入者は「香住では10年に1度水揚げされるかどうかの珍魚。展示用にします」。

【関連記事】
ウナギのご先祖様は深海魚 遺伝子解析で判明
採った、撮った、食べた〜愛媛の深海魚ブロガーは耳石の研究者だった
“ワケあり”の魚も食卓へ 阪神百貨店が安価で販売
珍しい深海イカ撮影 風船状に膨らみ浮遊
「コンペイトウ」の赤ちゃん誕生 越前松島水族館

妊娠とウソ、30万円脅し取る…50歳女逮捕(読売新聞)
ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)
暴力団幹部射殺事件、殺人容疑逮捕者39人に(読売新聞)
「裏金1億円を用意」=水谷経理担当者が証言−「小沢氏側へ」と調達・陸山会事件(時事通信)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
posted by イワセ ヤスオ at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。